ダイハツトールおすすめタイヤとタイヤ交換時期とサイズは?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を

競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

⇒一括査定は安心して無料査定できるこちらへどうぞ

 

ダイハツ・トールの適切なタイヤ交換タイミングというのは
基本的に溝が「1.6mm」以下になった時やひび割れなどが目に見えた時が
タイヤ交換時期と言えます。

もし、そのままタイヤを使い続けていると走行中にバーストする可能性もあります。

ダイハツ・トールで高速道路や遠くに日帰り旅行をするという場合は
ぜひ、この先を読んで参考にしてみてくださいね。

【ダイハツ・トール】タイヤサイズは合ってる?サイズアップでタイヤ交換の注意点

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/thor/index.htm

ダイハツ・トールのタイヤサイズは
カスタムターボで「175/55R15」です。

普通のトールの場合は「165/65R14」なので
カスタムターボと同じタイヤまでは交換可能と言えます。

サイズアップ(インチアップ)をしたいなら
自己責任で行うと良いですね。

実際にみんカラでトールのタイヤをインチアップしている人のブログを見ると
「195/50R16」と言うタイヤを履いている人もいました。

インチアップをするとローダウンしたような感じになり
車体が少し下がってしまいます。

なので、エアロパーツなどを取り付けているカスタムシリーズのトールは
店先に縁石がある場合は気を付けて入店するしかないでしょう。

ちなみに、軽自動車の場合は「ホンダ」「スズキ」
「ダイハツ」のタイヤ&ホイールが共通で取り付けることができます。

私は、実際にスズキのMRワゴンのタイヤを
ホンダのライフに取り付けたことがあるので間違いないでしょう。

※交換作業は整備士の方にしてもらいました。
※交換は自己責任でお願いします。

ネジ径とネジ山のピッチが合えばどの車でも適合しますよ。

ただ、車に装着はできますが、ネジの首下の長さが違うので
ナット部分は適合したものに交換しないと

ナットが走行中に取れる危険があると整備士の人が言っていました。

さらに言わせていただければ、ホンダのライフから
ダイハツのミライースにタイヤを取り付けることができました。

大手カー用品店でホイールセットの値札部分を見ると
適合する車種が記載されています。

その記載されている車種は販売するメーカーが異なることも多いですよね。

タイヤのネジサイズ適合に関しては以下のようにまとめてみましたので
タイヤ交換の時に参考にしみてくださいね。

ネジサイズ 自動車メーカー
M12×P1.5 トヨタ・ホンダ・ミツビシ
マツダ・ダイハツ
M12×P1.25 ニッサン・スバル・スズキ
M10×P1.5 (軽自動車、旧車)ホンダ・ミツビシ
M10×P1.25 (軽自動車、旧車)スズキ・ダイハツ
スバル・マツダ
M14×P1.5 トヨタ ランドクルーザー(100系/200系)
レクサス(LS460系・600h・500系)(LC500系)
ホンダ レジェンドKB1
シビック タイプR(FK2/FK8)
日産GT-R(NISMO) ・ 他

【ダイハツ・トール】タイヤサイズの見方

ダイハツ・トールのタイヤサイズは
カスタムターボは「175/55R15」ですが
タイヤサイズを覚えるだけではなくその意味も理解しておきましょう。

理由は、サイズアップやサイズダウンをする時に
結構役立つことが多いからです。

まずは、基本的なサイズの見方から説明をしていきます。

トールカスタムは「175/55R15」ですが
この最初の数字「175」はタイヤの幅を表します。

そして「55」というのはタイヤの偏平率です。

偏平率とは、タイヤの横部分の厚みで
色々と数字が書いている部分を言います。

「R」というのはラジアル構造を言います。

つまり、タイヤの溝部分の断面を見て模様のような縦線が
ラジアルかどうかという意味です。

最後に「15」というのはインチ数です。

ちなみに、インチダウンをすると偏平率が低くなりますが
その場合はホイールが大きく見えるという特徴があります。

インチダウンするとどうなる?

私は、車のタイヤをインチダウンさせた経験がありますので
その時の事を思い出しながら解説をしていきます。

まず、インチダウンをするメリットは以下の通りです。

・タイヤが安くなる

・路面への接着力が向上する

・ステアリングが軽くなる

・重量が軽くなるので燃費が良くなる

インチダウンをするとタイヤの値段が下がります。

また、コーナーリング時はべったり路面に張り付きながら
曲がっているような気分になります。

しかし、標準タイヤのインチダウンは
タイヤの値段が下がるので値段を抑えたい人は
インチダウンも検討すると良いでしょう。

逆に、インチダウンをするデメリットは以下の通りとなります。

・メーターに誤差が出る

・乗り心地が悪い

・路面からの衝撃を感じる

インチダウンをすると、メーターに誤差が出ます。

標準タイヤサイズの範囲ならそれほど酷くはなりませんが
極端なインチダウンをするとメーターの誤差がひどくなります。

標準サイズ範囲でインチダウンをすれば
乗り心地はそれほど変わりません。

しかし、ドレスアップ目的のインチダウンの場合は
乗り心地は悪化するので覚悟のうえで行いましょう。

ダイハツトールは軽自動車の技術でコンパクトに変えていくという事をコンセプトとして 子育ての世代をバックアップする車を開発しました。 私自身も実際にトールを試乗しましたがわずか20分間で 色んな欠点を発見しました。 そんな経験談を含めて 他の人の口コミなども紹介していきます。

【ダイハツ・トール】サイズアップはしても大丈夫?

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/thor/index.htm

ダイハツ・トールのホイールナットサイズが「M12×1.5」なので
そのサイズに合うホイールならタイヤ幅などが合えば問題はなさそうに思えます。

インチアップをする場合は標準タイヤサイズまでは
全く問題になることはありません。

ですが、16インチにサイズアップするなら
ホイールハウスに当たらないかなど
色々と考える必要があります。

トールのインチアップをするならホイールサイズは「16×6.5J+48」で
タイヤサイズは「195/50R16」が無難な選択と言えます。

この時に白オススメのタイヤは「グッドイヤー レブスペック」が良いかもしれませんね。

しかし、トラブルを避けたいという人は
無難な標準サイズのタイヤを素直に買ったほうが良いでしょう。

インチアップをするとこんなに良い事がある

・コーナリング性能の向上

・スタイリングの向上

・個性を発揮

インチアップをすることでタイヤの偏平率が下がります。

そのため、コーナーリング時にタイヤのたわみが少なくなり
ハンドルの反応が良くなります。

また、コーナーリングの安定性も向上するメリットもありますよ。

インチアップをすることでホイールが大きく見えるようになり
ファッション性が向上します。

インチアップをすると他のダイハツ・トールとはまた違う個性を出すことができて
差別化ができるというメリットもあります。

結論から言えば、ダイハツトールのインチアップは
極端ではない限りは全く問題ないといえます。

【ダイハツ・トール】自分でタイヤ交換する場合の交換方法

タイヤ交換はとても簡単なので
時間があれば挑戦をしてみましょう。

まずは、タイヤ交換をする上での注意事項を説明しておきましょう。

作業は必ず平らな場所でおこない
地面がガッチリと硬い場所を選びましょう。

もし、地面にデコボコなどがあった場合は
ジャッキアップがうまくできません。

持ち上げた車も不安定となるので大変危険です。

ジャッキアップは車載道具ではおこなわず
絶対に「フロアジャッキ」と「リジットラック」をセットで
車を持ち上げるようにしましょう。

「単なるタイヤ交換だから」と言う理由で作業をするのは大変危険が伴います。

さらにいえば、車載ジャッキを何度も使うことで
ネジ部分がすり減って使えなくなる可能性もあります。

最悪、車を持ち上げた時に最悪潰れてしまう可能性もあるのです。

タイヤ交換をする前に準備しておくべき工具は
以下の通りとなります。

・フロアジャッキ

・リジットラック

・トルクレンチ(ホイールナットセット)

タイヤ交換の方法

タイヤの交換方法を紹介しますが
細かいテクニックを省き基本的な方法をザックリと書いていきます。

1 タイヤが浮かない程度で軽く車をジャッキアップする
2 タイヤのホイールナットを少しだけ緩める
3 完全にタイヤを浮くまでジャッキアップする
4 安全のためにリジットラックをジャッキアップポイントに設置する
5 ホイールナットを完全に取り外す
6 タイヤを取り付けトルクレンチでナットをそれぞれ締めていく

タイヤ交換の方法はとても
簡単なので挑戦してみると良いでしょう。

詳しくは以下の動画を参考にしてみてくださいね。

これで安心! JAFが教えるタイヤ交換の方法

引用:YouTube

まとめ

ダイハツトールのタイヤサイズは
カスタムグレードで「175/55R15」が標準タイヤです。

普通のトールのグレードの場合は「165/65R14」です。

無難なインチアップはトールのグレード「カスタム」と
同じタイヤサイズを選ぶほうが良いでしょう。

社外品のタイヤでインチアップをする場合は
各販売店の店員と相談をして選ぶのが良いですね。

基本的に、タイヤ交換は誰でもできますが
危険も伴う作業でもあるので安全な場所で行いましょう。

探している車が、値引き金額から更に 50 万円安くなる方法

 

「このダイハツ・トール、予算オーバーだ…」
「値引きで安く買いたい…」
「ディーラーを回るのは面倒…」
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、ダイハツトールの購入を検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず
また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を

競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

⇒安心して一括無料査定はこちら!

 

 

スポンサードリンク
 





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする