ダイハツ・トールオプション・パーツとおすすめナビは?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を

競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

⇒一括査定は安心して無料査定できるこちらへどうぞ

 

ダイハツ・トールを買うときに後付けできる
「メーカーオプション」と「ディーラーオプション」があります。

メーカーオプションは、車を購入の時に同時に注文するもので
後から取付けることはできません。

ですが、ディーラーオプションは後から付けることができます。

このページでは「これは付けといたほうが良い!」と思う
オプションやおすすめのナビゲーションを紹介してきます。

ダイハツ・トールのオプションやパーツやナビゲーションは?

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/thor/04_interior.htm

ダイハツ・トールのディーラーオプションは
色々とありますがパックオプションと言うセット販売されているものもあります。

ダイハツ・トールに取り付けができるディーラーオプションは以下の通りとなります。

■ディーラーオプション

シートヒーター (運転席/助手席)
イルミネーションパック 〈フットイルミ(運転席/助手席)
インパネアッパートレイイルミ(助手席)
センターフロアトレイイルミ
シートバックテーブル ショッピングフック
ボトルホルダー2個付(運転席/助手席)
寒冷地仕様 ヒーテッドドアミラー
ウインドシールドディアイサー
室内補助ヒーター
SRSサイドエアバッグ (運転席/助手席)&SRS
カーテンシールドエアバッグ (前後席)〈リヤシートベルト)
プリテンショナー

フォースリミッター機構付
(左右席)

「イルミネーションパック」と言うメーカーオプションは
夜の車内移動がとてもやりやすいといえます。

理由は、車内のセンターフロアトレイが点灯すれば
足元がとても見やすくつまずくという事もなくなるからです。

また、シートバックテーブルなどもかなり便利そうにも思えます。

これは、「コンフォートパック」と言う
メーカーオプションを注文すれば装備されるものです。

後部座席でちょっとした休憩や食事にも使えるので便利ですよ。

ショッピングフックは、シートバックテーブルの角にあり
開いた時と閉じた時のどちらでも使えるようになっています。

他のパックオプションは以下の通りです。

■パックオプション

イルミネーションパック 16,200円(消費税抜き15,000円)
コンフォータブルパック *1. X“SA Ⅲ”、Xを除く全車にメーカーオプション。
*2. X“SA Ⅲ”、Xにメーカーオプション。
コンフォータブルパック(A)*1 22,680円(消費税抜き21,000円)
コンフォータブルパック(B)*2 28,080円(消費税抜き26,000円)
パノラマモニター&純正ナビ用アップグレードパック 45,360円(消費税抜き42,000円)
純正ナビ装着用アップグレードパック 29,160円(消費税抜き27,000円)

パックオプション

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/thor/04_interior.htm

「パノラマモニター&純正ナビ装着用アップグレードパック」は
「X“SA Ⅲ”、X」を除く全車はメーカーオプションとなっています。

これは、車の前後左右に搭載されている4つのカメラから取り込んでいる映像を
合成することで車の真上から見た映像にモニタとして映し出されます。

なので、運転席から確認できない部分を見ることができるのです。

パノラマ対応のナビゲーションを装着すれば
ナビ画面でも確認可能です。

「パノラマモニター&純正ナビ装着用アップグレードパック」を選択すると
ステアリングでも操作できるようにスイッチが取り付けられます。

なので、運転に集中しながら操作もできるという事ですね。

■パック内容

イルミネーションパック ●フットイルミ(運転席/助手席)
●インパネアッパートレイイルミ(助手席) ●センターフロアトレイイルミ *X“SA Ⅲ”、Xを除く全車にメーカーオプション
コンフォータブルパック(A)*1 ●シートバックテーブル
[ショッピングフック・ボトルホルダー2個付](運転席/助手席)
●シートヒーター(運転席/助手席)
コンフォータブルパック(B)*2 ●シートバックテーブル[ショッピングフック・ボトルホルダー2個付](運転席/助手席)
●シートヒーター(運転席/助手席)
●フロントセンターアームレスト(運転席) ●シートリフター(運転席)
●シートアンダートレイ(助手席)
パノラマモニター

純正ナビ用アップグレードパック
●フロントカメラ、サイドカメラ、バックカメラ(トップ&フロントビュー/フロントワイドビュー/レフト&ライトサイドビュー/トップ&リヤビュー/レフトサイド&リヤビュー/リヤワイドビュー)
●ステアリングスイッチ(オーディオ操作)
*X“SA Ⅲ”、Xを除く全車にメーカーオプション
純正ナビ装着用アップグレードパック ●バックカメラ
●ステアリングスイッチ(オーディオ操作)
*全車にメーカーオプション。

ダイハツ・トールのおすすめオプションはこれだ!

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/thor/04_interior.htm

ダイハツトールのメーカーオプションで一番おすすめできるのは
「パノラマモニター&純正ナビ装着用アップグレードパック」です。

このメーカーオプションを後で取り付けたいと思っても
後付けはできないので後悔しないようによく考えて取り付けを検討したいところです。

ただ、このメーカーオプションを取り付けることで
バックカメラとステアリングスイッチが付いてきます。

また、真上から見たような映像も周囲の状況が分かりやすいので
「パノラマモニター&純正ナビ装着用アップグレードパック」は
あったほうが良いかもしれません。

夜の駐車場は周囲が見えにくいという場合に
こうしたメーカーオプションがあれば大変便利だといえます。

また、今までならスイッチを見ないと操作ができなかったので
数秒でも前から目を離すことになるので大変危険でした。

でも、ステアリングスイッチで操作すれば
わき見運転もなくなります試運転に集中できますよね。

さらに、専用のナビゲーションをディーラーオプションで追加すれば
ナビゲーションのモニターでも映像を見ることができます。

次に、オススメのオプションは「イルミネーションパック」です。

理由は、車内のセンターフロアトレイが点灯すれば
足元がとても見やすく、何かにつまずくという事もなくなるからです。

センタートレイイルミはスイッチでオンとオフが可能です。

他にもフットイルミやインパネアッパートレイイルミなどありますが
使い勝手も向上させるオプションなのは間違いないといえます。

ダイハツ・トールのおすすめナビゲーションは?

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/thor/04_interior.htm

純正ナビの「ワイドエントリーナビ」がおすすめです。

理由は、最初に取り付けてもらえばバックモニターとして使えるし
他のナビと同じような性能を持っているので
わざわざ、高いお金を出す必要もないと思ったからです。

これまでのナビの音声と言うのは聞き取りにくい場合もありました。

しかし、ワイドエントリーナビは
「はっきり音声機能」が搭載されているので
聞き取りにくいという事はないでしょう。

・文字がスッキリ読みやすい

・案内ルートが際立つ配色

・高速道路と緑地が区別しやすい

「ワイドエントリーナビ」は以上のような特徴があります。

さらに、「ワイドエントリーナビ」は旅行先でも
ジャンルなどを選んで、すぐに目的地を探すことができます。

また、スマートフォンのように指でなぞるようにすれば
サクサクと操作が可能となるのでドライブを快適にサポートします。

快適なドライブを楽しむなら
「ワイドエントリーナビ」を取り付けると良いでしょう。

ダイハツ・トールは、コンパクトカーですが 広々とした空間が特徴の車です。 さらに、軽自動車並みの最小回転半径をもつので 駐車場に入れる場合がとても楽です。 低床式で小さな子供でも乗り降りがしやすく スライドドアもイージークローザーなので 余り力は必要としないのも良いですよね。

ダイハツ・トールの購入時につけといた方がいいパーツは?

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/thor/04_interior.htm

ダイハツ・トールを買うときに取り付けていたほうが良いパーツは
基本的に「メーカーオプション」を取り付けていたほうが良いといえます。

メーカーオプションは、もし車を買取査定してもらうときに
プラス評価になりやすいのです。

なので、メーカーオプションは取り付けていたほうが良いといえます。

特に「パノラマモニター&純正ナビ装着用アップグレードパック」は
周囲の状況をカメラで確認できるので取り付けても損はないといえます。

後から取り付けることができないので
余計に取り付けていたほうが良いと思えるのです。

まとめ

ディーラーオプションは、後々後悔しないためにも
よく考えて検討するほうが良いといえます。

ダイハツ・トールを新車で買う場合はディーラーオプションよりも
メーカーオプションを重点的に取り付けを検討し
積極的に取り付けるようにしたほうが良いですね。

もし、車を売却するという場合も買取査定でプラスポイントにもなりますからね。

ダイハツトールは軽自動車の技術でコンパクトに変えていくという事をコンセプトとして 子育ての世代をバックアップする車を開発しました。 私自身も実際にトールを試乗しましたがわずか20分間で 色んな欠点を発見しました。 そんな経験談を含めて 他の人の口コミなども紹介していきます。

探している車が、値引き金額から更に 50 万円安くなる方法

 

「このダイハツ・トール、予算オーバーだ…」
「値引きで安く買いたい…」
「ディーラーを回るのは面倒…」
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、ダイハツトールの購入を検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず
また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を

競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

⇒安心して一括無料査定はこちら!

 

 

スポンサードリンク
 





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする