ダイハツトール維持費とローンや残価設定は出来るか?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を

競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

⇒一括査定は安心して無料査定できるこちらへどうぞ

 

ダイハツトールを所有するとローンの支払いや
他の税金などお金がかかることが多くなります。

ダイハツトールを実際に所有した時にかかる維持費や
ローンや残価設定は可能なのかについて紹介していきます。

【ダイハツ・トール】の維持費は?ローンと残価設定どっちが良い?

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/thor/index.htm

ダイハツトールを所有するとなれば
以下のような費用がかかってきます。

・自動車税

・重量税

・自賠責保険

・任意保険

・車検

・ガソリン

・駐車場

・メンテナンス費用

自動車税とは、車の排気量によって決まります。

重量税も重ければ重いほど税金が上がりますし
エコカーなら減税とかあります。

ローンと残価設定どっちが良い?

ダイハツトールでも残価設定はできますしローンも組むことが可能です。

しかし、残価設定は支払金額が少なく
メリットが大きいように思われます。

自動車メーカーが提携しているローン会社で申請する場合は
手続きもスムーズに行われ審査も数時間で完了します。

ですが、ローンは金利が高いというデメリットもあります。

ディーラーでローンを組むという場合は支払い方法なども
営業マンによっては相談に乗ってくれることもあります。

ローンの場合は、支払方法も色々とあるので
毎月どれくらいなら支払えるかなども考えておくと良いでしょう。

残価設定は、ショッピングローンと同じ形態で
あらかじめ購入をした商品の下取り価格を設定し
一定期間後にその価格で引き取ることを前提にしたローンを言います。

ですが、必ずしもディーラーに引き取ってもらわないといけないわけではなく
その車の残りの残金を支払っても問題はありません。

さらに、残価設定をすると「車をいじっちゃだめだ」と言う人もいます。

それは、車をいじればいじるほど価値が低下していくので
予定していた残価で売ることができなくなるのです。

ただ、最終的に買い取る前提なら問題はないでしょう。

私個人の考えでは、お金が無いなら
ローンを組むのが良いです。

3年~5年で乗り換えるなら残価設定が良いと思います。

【ダイハツ・トール】ローンを組むメリット・デメリット

ディーラーでローンを組むことができますが
審査が厳しいなどと言うデメリットがあったりします。

実際に、ディーラーでローンを組むとどういうメリットや
デメリットがあるのかを紹介していきます。

ローンを組むメリット

・収入証明書が必要

・自動車以外にも使える

・場合によっては保険が特典がつく

・車を決める前に申請可能

ディーラーでローンを利用するという場合は
自動車会社と提携しているローン会社が一番手続きが簡単です。

普通のローンと同じなので自動車以外にも使用することができます。

ディーラーを通さずにローン会社に直接申請する場合は
車を決める前に申請が可能となります。

しかも、銀行のマイカーローンの場合は
交通傷害保険などが特典として付く場合もあります。

ディーラーでローンを組む場合は交通傷害保険がつきません。

ローンを組むデメリット

・審査が厳しい

・審査が1週間かかることもある

・申し込み条件が細かい

・増額の案内ハガキが来たり電話がある

ローンを組む場合は、審査が厳しいことを覚悟しないといけません。

基本的に正社員で「年収200万円~300万円以上」で他のローン会社から
お金を借りていないことが条件となるケースが多いです。

誰でも審査通過することができないのがデメリットです。

私自身の経験談ですが某金融会社でお金を借りた時に
審査が1週間と言われたこともあります。

1社だけなら良いですが他の金融会社も
同じだったので審査は長いといえます。

さらに、貸し付け金額は「〇〇万円以上から」と言うローン会社もあるので
ローンを組む場合は注意が必要です。

貸付の最低金額はどれくらいかは把握していたほうが良いかもしれません。

また、審査が通った後はローン会社によっては
増額の案内ハガキが来ることもあります。

滅多に来ないので特に問題はありませんけどね。

ローンの審査に通らない人の特徴

・申込時に記入ミスをしている

・固定電話・携帯電話を持っていない

・他でカードローンを組んでいる

・過去に返済遅延がある

・収入が不安定なアルバイト

・20代前半だとちょっと厳しい
※大手に就職しているなら問題ない場合もあります。

・専業主婦は厳しい

・年収200万円以下だと厳しい

【ダイハツ・トール】残価設定のメリット・デメリット

私は、残価設定して車を買った経験があるので
その時の事をもとに話を進めていきます。

残価設定のメリット

・審査が通りやすい

・毎月の支払いが安い

・買取金額が時すでに設定されている

・自動車ローンよりも金利が低い場合が多い

・車検費用がかからないことも

・3~5年毎に新車に乗り換えられる

私は、ディーラーローンで実際に
トールを買おうとしましたが審査で落ちました。

しかし、残価設定でのローンなら審査は通ったのです。

実は、残価設定ローンと言うのは
とても審査に甘く通りやすいのです。

また、残価設定ローンに関してネットでは
デメリットしかないみたいに言われています。

実際に、私が残価設定ローンを組んで
デメリットを感じているかと言えばその逆です。

理由は、私自身が派遣社員として雇用されていた時の話ですが
毎月の支払いがとても不安だったからです。

そんな時に、毎月の支払いが安いという残価設定ローンを
ディーラーの営業マンから勧められました。

営業マンの話では「3年プランで50%~60%」の分割ができるとのことでした。

また、5年プランもあったのですが
そちらは3年プランよりもかなり安く車両価格の「70%~80%」での分割でした。

なので、毎月の支払いに不安があるなら迷わずに残価設定ローンを選択すると良いですね。

残価設定ローンのデメリット

・事故や汚れなどの制限がある

・カスタマイズができない

・所有者はディーラーにある

・走行距離の制限がある

ハッキリ言って、残価設定ローンはメリットばかりではありません。

残価設定ローンは、将来の買取値が設定されているだけに
汚れや傷などはつけてはいけません。

なので、定期的に洗車をしたり壊さないように
慎重な運転を心掛ける必要があります。

私はディーラーで残価設定ローンの申請をした時に言われたことは
想定した走行距離をオーバーしないでほしい」ということでした。

理由は、想定内の走行距離以上も走行してしまうと
車の価値がかなり落ちてしまうからです。

また、所有権もディーラーの名前が入るので
リース車みたいなものと言えますね。

残価設定だと車検証の所有者名は車を買ったディーラーになります!

↓↓

ただ、残価設定ローンでよく言われるのが「改造をしてはいけない」という事。

私は、車の改造がとても大好きでローダウンやエアロパーツなど
社外品を取り付けることに生きがいを持っています。

趣味として車いじりをしたいので
「カスタマイズはして良いですか?」と営業マンに話を聞いてみたのです。

はい、もちろん良いですよ、その代わり返却時には元に戻してくださいね

カスタマイズをした車を戻すことがどれだけ大変か
知っているのか知らないのか、さわやかな笑顔でそのように言われました。

私の場合は買い取る前提で話を進めていますが
毎月の支払いが苦しなら残価設定を選んでも損はないといえます。

ダイハツの残価設定ローン

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/thor/index.htm

ダイハツの残価設定型ローンには「3年(37回)」と「5年(61回)」があり
走行距離は以下のように決まっています。

37回の場合 61回の場合
走行距離 40,000Km以下 60,000km以下

もし、これ以上走行をするという場合は
「1kmにつき5円の超過金」を支払う事になります。

たとえば、3年(37回)で契約したなら返却時に「50,000km」の
走行距離を走っていたら・・・

もし、50,000kmの走行距離を走っていたら・・・

50,000km-40,000km=10,000km

10,000km×5円=50,000円

以上のような金額を追加料金として支払わないといけません。

また、ダイハツのディーラーで新車を買い残価設定をしても
他の販売店では残価の対応はできません。

勘違いをしている人は多いかもしれませんが
ディーラーは、それぞれ運営する会社が異なります。

たとえば、ディーラーA店とディーラーB店は同じダイハツでも
運営する会社が異なれば全く違うディーラーになるのです。

なので、残価設定をした販売店以外では
対応できないことを覚えておきましょう。

残価設定をした場合は「期間満了時に車はどうするか」と言う話が必ずあります。

1.新車に乗り換える

2.車を返却する

3.車を乗り続ける

以上の3つから選択ができます。

ディーラーとしては「1~3」のどれを選んでも
損はしないようにできています。

残価設定の契約満了後に新車を乗り換えてもってもディーラーは得します。

車を返却されてもディーラーが
運営する中古販売コーナーで販売できますからね。

また、車を乗り続けてもらったとしても
点検やオイル交換などでディーラーに来てくれる可能性があるので損しないのです。

ちなみに、私は「車を乗り続ける」を選びました。

理由は、買った車が大変気に入っていて
乗り続けようと思ったからです。

でも、残価設定は再ローンをする場合は
もう一度審査があるためメリットを感じない人は多いかもしれません。

残価設定をするべき人

・ローンの審査が通らない人

・車に使える予算が決まっている人

・毎月の支払いに不安がある人

・飽きやすい人

【ダイハツ・トール】の維持費っていくら?

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/thor/index.htm

ダイハツトールの毎年支払う「自動車税」は
1000ccなので「29500円」となっています。

ダイハツトールは燃費基準をクリアしていますが
自動車税は減税にはなりません。

車検の場合は法定費用「重量税」「自賠責保険」「印紙代」などを
支払う必要があります。

これは、車種によって変わりますが基本的に同じ車なら
改正が無い限りは決まった金額となります。

自賠責保険料 重量税 印紙代
法定費用 25,830円 24,600円 1200円

まとめ

新車を買おうという場合にローンを組むか
残価設定を選ぶかは、あなたの予算によって違いが出ます。

ローンを組む場合も、審査が通らないという場合は
何か問題があるからこそ通らないのです。

今回紹介したローンに落ちやすい人の特徴を参考に
挑戦をしてみてはいかがでしょうか。

そして、残価設定ではデメリットが大きいみたいな情報しか見つかりません。

しかし、私は、実際に残価設定を選んでいますが
デメリットを感じてはいないのです。

残価設定を選ぶにしても人によってはデメリットのほうが大きく
メリットが少ないのかもしれませんね。

私の場合は、毎月の支払いに不安があるため
残価設定を選び新車を買いました。

売却するならカスタマイズをしてはいけないかもしれませんが
車を買い取る気満々なら特に問題視する必要がないと思ってます。

ローンを組むにしても残価設定を選ぶにしても
メリットデメリットがあるのでその辺を理解したうえで
ダイハツトールを買うと良いのではないでしょうか。

探している車が、値引き金額から更に 50 万円安くなる方法

 

「このダイハツ・トール、予算オーバーだ…」
「値引きで安く買いたい…」
「ディーラーを回るのは面倒…」
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、ダイハツトールの購入を検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず
また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を

競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

⇒安心して一括無料査定はこちら!

 

 

スポンサードリンク
 





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする